FX ファンダメンタル分析

MENU

外国為替は思惑で動きます。

ファンダメンタル分析ではGDPや雇用統計、主要各国政策金利、各国の中央銀行の意向(日本なら日銀ですね。)などを総合的にチェックしたうえで、国の勢い、経済情勢、世界情勢、政治的リスクなどを分析して、未来を予測します。

 

FXは各国の為替通貨の取引ですので、投資対象国の政策金利、政治情勢、経済情勢などの分析・調査が必要です。GDP(国民総生産)や雇用統計、インフレ率などを分析し、国の状況をみる。これらの分析をすることを「ファンダメンタル分析」といいます。

 

株式投資でいう、「銘柄分析・決算書分析」といったところです。中長期にトレードをする場合にファンダメンタル分析は欠かせませんが、短期トレードでも今後どのような形で相場が動くか?を想定・予期するためにもファンダメンタル分析は欠かせません。

 

ファンダメンタル分析、テクニカル分析が欠けても中途半端な分析になります!今の通貨価値は高いのか安いのか?過去においてどのようなトレンドをしていたのか?(テクニカル分析)をチェックし、世界情勢や景気状況など短中期の動きを予測(ファンダメンタル)をすることで、実際の投資をすることが大事です。

 

この世界の主要国の経済ニュースや統計データを逐次入手できる方法があります。FX口座を開設することで、世界の最新ニュースや経済指標動向などを逐次、リアルタイムに入手できます。

 

最近では各国の銀行が金利の上げ下げをしたり、金融の緩和(お金を沢山刷って、お金を配ろうとする。)などのニュースやアメリカの雇用統計、景気の善し悪しで為替が大きく動きます。毎日の世界情勢や経済情勢にも敏感になるので、ファンダメンタル分析といまでいわなくとも少し、経済ニュースを気にしているくらいでいいので、アンテナをはっておくことをおすすめします!