FX スワップポイント

MENU

外貨預金より利率のよいFXのスワップポイント

外貨預金よりも売買手数料の面で有利なのがFXを利用したスワップポイント狙いの長期投資です。

 

スワップポイントとは、金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生する、2通貨間の金利差調整分です。スワップポイントは毎日受け取る場合と毎日支払う場合があります。ここが注意点です。

 

金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合には、その金利差額分のスワップポイントを受け取ることができます。反対に金利の高い通貨を売って金利の低い通貨を買う場合には、その金利差額分のスワップポイントを支払うことになります。 今の日本は世界でも珍しい低金利政策ですので、例えば日本円を売って、政策金利の高い通貨を買えばスワップポイントがもらえます。

 

【毎日:受け取り=利益】高金利通貨の買い/低金利通貨の売り→スワップポイント
【毎日:支払い=損失】高金利通貨の売り/低金利通貨の買い→スワップポイント

 

 

両通貨の金利に変更があれば、スワップポイントも変わります。金利格差が縮まればスワップポイントも小さくなりますので、投資対象国の政策金利には要注意ですね!ただ今の日本は明らかに低金利ですのでFXトレードに慣れたら、日々利益が上がるスワップポイントも利用していきたいところです。